• お盆
    迎え団子 送り団子

  • お盆のお供えものは一般的に「五供(ごく)」と呼ばれる香、灯、花、水、食べ物が供えられます。なかでも食べ物のお供えには果物や野菜、そうめんなど地域によってもさまざまですが、白玉団子を供えるご家庭は多いのではないでしょうか。この白玉団子、ご先祖様の御霊をお迎えするお盆の初日である十三日にお供えするものを「迎え団子」、盆の明け十六日にご先祖様をお見送りする際にお供えするものは「送り団子」と呼ばれています。迎え団子は、ご先祖様がこの世に戻って来られるまでの道中のお疲れを癒していただけるよう、餡をまぶしたり、甘い醤油タレがついたお団子を用意するのが一般的なようです。一方、見送り団子はご先祖様に持ち帰っていただくためのお手土産として、何もつけない白団子で用意します。また、ご先祖様がこの世におられる期間中の十四〜十五日は「おもてなし団子」、またはゆっくりと滞在していただきたいという意味を込め「落ちつき団子」としておはぎが供えられることが多いようです。ご先祖様を敬い、大切に日々の生活を営む日本人の心の有り様がお供えもの一つにも見て取れるようです。