鈴懸ブログ

土用餅とは・・・

 

土用餅とは、土用に食べるあんころ餅のことをいいます。

その昔宮中で、暑気あたりをしないよう、ガガイモの葉を煮出した汁で餅米の粉を練り、

丸めた餅を味噌汁に入れたものを土用の入りに食べるという風習があり、江戸時代に餅を小豆餡で包んだあんころ餅に変わりました。

お餅は力餅、小豆は厄除けに通じるため、土用餅を食べると、暑さに負けず無病息災で過ごせるといわれています

 

 

 

そもそも土用とは・・・

 

 

古来中国から伝わった陰陽五行説(※)では、すべての事象を木・火・土・金・水の5つに分類して世界を考えます。

※陰陽五行説…中国の春秋戦国時代に発生した陰陽思想と五行思想が結び付いて生まれた思想のことです。

 

 

五行説ではは「木気」夏は「火気」秋は「金気」冬は「水気」と割り当てていました。しかし五行説の重要な構成要素の「土気」がどこにも分類されないことになります。そこで、季節の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の前18日間を「土気」に分類し「土用」と呼ぶようになったようです。

立春(24日頃)、立夏(55日頃)、立秋(87日頃)、立冬(117日頃)の前18日間を言います。

それぞれ、立春前の「冬の土用」が117日頃、立夏前の「春の土用」が417日頃、

立秋前の「夏の土用」が720日頃、立冬前の「秋の土用」が1020日頃から始まります。

その中でも、現在は「夏の土用」の間の丑の日にうなぎを食べる「土用の丑〔うし〕」という行事が

有名です。

 

 

 

土用餅(どようもち)   販売期間:7月下旬位まで    日持ち:常温当日