• 雨薫る。それぞれの晴耕雨読。

  • 水無月は雨が多いのに、なぜ“水が無い月”と書くのだろうとお思いでしょうか。それは陰暦の六月は田に水を張り、田植えをする時期であることからの“水の月”。“無”は無しではなく、“の”という意味の連帯助詞の“な”とされますが、一説では梅雨時期のため、天の水が無くなることから水無月とするとも言われています。稲や麦などの穂が出る穀物の種を蒔く“芒種”の時期を迎えると、各地で梅雨入りの知らせを聞き始めます。鈴懸本店がある、ここ福岡では例年に比べ10日も早く、すでに梅雨入りとなりました。雨が多い時期といえども、現代の生活ではなかなか晴耕雨読を楽しむ生活は難しいもの。とはいえ、雨は鬱陶しいものばかりではありません。草花にたまる雨粒は、その草花ごとに水の輝きや宿る雨粒の大きさも違い、それは美しいものです。乾いた大地が湿れば、その土地ごとの匂いを感じます。五感を研ぎすませれば、ひと雨ごとに濃くなる夏の気配を感じ、日ごとに変わる季節の移り変わりに気づくでしょう。湿気が溜まらないようお香を楽しんだり、家でゆったりと好きな音楽を聴くなど、雨の日ならではの過ごし方で日々の生活を潤してみるのも、この時期ならではの醍醐味かもしれません。
  • 綺羅をまとう雨模様。

    しとしと。ぽつぽつ。ぱらぱら。ざあざあ。
    さまざまな音をたて、否応無しに降り注ぐ雨の季節。空は暗いグレーに包まれる雨の日々も、草花たちにとってはひと雨ごとに花も葉も色濃く冴える恵みのとき。そんな季節の情景や色合いを映す和菓子の世界。鈴懸でも、雨を待つ美しい “紫陽花”の姿が上生菓子として店頭に並ぶ季節となりました。青い紫陽花が雨粒を宿すことで紫にも赤にも見えるように、きらきらと色鮮やかなお菓子のかけらがまばゆく広がる梅雨時期の鈴懸の工房。職人の手から、可憐な様子の“紫陽花”が毎朝生み出されます。創業当初は二色ほどで彩られていた“紫陽花”も、今ではより一層、目でも楽しんでいただけるようにと赤紫・青紫・透明の三色の錦玉をまといます。雨だれを眺めながら、この時期ならではの色彩を目で口で楽しんでみてはいかがでしょう。
  • 菓子:紫陽花