• 小春日和の冬便り。

  • 始めて冬の気配に包まれる頃をさす二十四節気の「立冬」。今年は11月7日に立冬を迎えます。また、11月は陰暦で「霜月」「雪待ち月」と呼ばれ、本来であれば霜が降り、すぐそこまで来ている本格的な冬の訪れを感じずにはいられない頃。ですが今年は、霊峰富士の初冠雪も例年よりもかなり遅れての知らせとなり、時おり続く小春日和は、冬がやってきているとは思えない陽気を感じてしまいます。しかし、やがて季節は巡るもの。行きつ戻りつの日々の気候の繰り返しの中、少しずつ秋の穏やかな陽射しの合間に風の冷たさを感じ、生い茂っていた木々の葉は黄色く染まり、やがて葉を落とし始めています。暦どおりにはいかない季節の移り変わりこそ、自然の変化に目を留め、自らの五感が感じ取る確かな変化に沿って、巡る季節の準備を整えてまいりましょう。