• 重陽の節句
    栗ご飯

  • 五節句の中でも、最も陽の気が高まると重んじられてきたたのが九月九日の重陽の節句です。菊が美しく咲くこの時期の重陽の節句は、邪気を払うとされる菊に不老長寿の願いを込めて花を飾るだけでなく、花びらを酒に浮かべた菊酒を嗜んだり、菊の香りを移した菊枕などで過ごすことで知られます。一方、昔から庶民の間では、この時期は農業の収穫期を迎えるため各地で収穫祭が行われていました。時の移り変わりの中で庶民にとって大切だった収穫祭に重陽の節句が吸収された地域も多くあるようです。重陽の節句が五節句の中でも馴染みが薄いのは、このせいなのかもしれません。農民たちはこの日を栗の節句として栗ご飯を炊いて収穫のお祝いをしていたとされています。今を生きる私たちは、菊酒と栗ご飯で重陽と収穫の両方を一度にお祝いして、いいとこ取りしてみてはいかがでしょう。