お知らせ

  • 2019/01/23

    節分の掛け紙「福はうち」

     

    【作家コメント】

    二月、立春の前日、「鬼は〜そと〜、福は〜うち〜」と、あちこちの家から聞こえてきます。 節分の日です。
    鬼の顔が描かれた掛け紙がかけてある上箱を開け、その箱の内側を覗くと、掛け紙の両側から福が二つ顔を出します。
    その福の顔は、和菓子を手にした時のように笑顔です。

     

    和菓子を手にする皆様に、笑顔の福が訪れるよう願いを込めて描きました。

    日本画家 神戸智行

     

    節分の掛け紙(1月24日~)

     

«  | 一覧に戻る |  »