お知らせ

English

師走の掛け紙 「赤い実 」

 

【作家コメント】

晩秋から、冬にかけて日本中で見かけられるこの赤い実をつけた南天は、古来より「難を転じて、福となす」と通じて、縁起木として愛されています。

また、厄除けだけではなく、その葉の成分によって、食べ物の腐敗を抑える役割としても使われて親しまれてきました。

一年の終わりの月のかけ紙として、皆様が気持ちよく新年を迎えられるように、縁起を担いで筆をとりました。

 

日本画家 神戸智行

 

 

季節の掛け紙(12月1日~12月下旬まで)

 

 

category