鈴懸 すずかけ

English

雪待月の冬ごもり

Posted by

十一月の二十四節気は七日の「立冬」、二十二日の「小雪」。また十一月の別名は「雪待月」「雪見月」ともいうように、暦の上でも「雪」という文字が目立ち始め、冬の本格的な到来を漂わせます。次第に紅く色づいていた木々の葉も散り、冷え込みも増していきます。江戸の頃、こたつを出すのは旧暦の十月(亥の月。今では概ね十一月)の、初亥の日とされていました。火事を恐れていた昔は、五行で火を司る水気である“亥の月の亥の日”にこたつを出せば、その冬は火事から免れることができるとされていたようです。小雪の頃までは、雪が降る始める地域があるものの、まだまだ本格的な冬とまではいきません。降る雪も、さほど多くない時期であることから小雪といわれたようです。来月は師走。冬も本格的になり慌ただしく過ぎる年末を前に、立冬や小雪の声を聞いた時から、暖房器具を出したり、お歳暮や年賀状の準備を始めるなど冬のくらしの支度を整えるきっかけとするのも良いかもしれません。

小春日和の冬便り

Posted by

始めて冬の気配に包まれる頃をさす二十四節気の「立冬」。今年は11月7日に立冬を迎えます。また、11月は陰暦で「霜月」「雪待ち月」と呼ばれ、本来であれば霜が降り、すぐそこまで来ている本格的な冬の訪れを感じずにはいられない頃。ですが今年は、霊峰富士の初冠雪も例年よりもかなり遅れての知らせとなり、時おり続く小春日和は、冬がやってきているとは思えない陽気を感じてしまいます。しかし、やがて季節は巡るもの。行きつ戻りつの日々の気候の繰り返しの中、少しずつ秋の穏やかな陽射しの合間に風の冷たさを感じ、生い茂っていた木々の葉は黄色く染まり、やがて葉を落とし始めています。暦どおりにはいかない季節の移り変わりこそ、自然の変化に目を留め、自らの五感が感じ取る確かな変化に沿って、巡る季節の準備を整えてまいりましょう。

冬じたく

Posted by

立冬を迎えると急激に寒さも増し、初霜も降り始め、辺りは冬の気配が色濃くなっていきます。これから続く長い冬に備え、冬じたくを整えて、ゆったりと温かく冬を迎えませんか。
干し野菜などの保存食づくり、暖房器具の手入れなど、長く室内に籠る時間が多くなる冬に向け、少しずつでも厳しい冬を迎える準備を整えておけば心豊かで穏やかな時が迎えられます。
“小春日和”とは晩秋から初冬の頃の、まるで春を思わせるような暖かな日のことをさす今の季節のものです。そんな小春日和には、柔らかな日差しを受け止め、庭木の冬越えの準備をするのも良いかもしれません。厳しい冬だからこそ、したくを整えて穏やかに過ごし、地中深く春を待つ植物のように、やがて来たる春には豊かに芽吹くことを楽しみに時を過ごしましょう。