鈴懸 すずかけ

English

立春 桜餅 鶯餅

Posted by

ことのほか、日本人は古来より春を愛おしむ民族のように思われます。季節の始まりである立春、立夏、立秋、立冬はいずれも節分ですが、とりわけ立春だけは「立春正月」といわれ、この日を境に今年の気が流れ始め、年が改まるとされます。そのため、前日の夜に豆をまき鬼(厄)を祓い、福を呼び込む風習が今も各地で行われているのです。禅宗のお寺では「立春大吉」と書かれたお札を門に貼り、今年一年の無病息災を祈念して厄除けとされます。また日本酒の蔵元では、「立春朝搾り」といわれる立春の日の朝に搾り上がったばかりの生原酒を生まれたての春を祝うを祝い酒として販売するところも多いようです。和菓子では、その日の朝に作られた生和菓子を「朝生菓子」といわれ、季節を問わず数多くありますが春を愛でる朝生菓子として桜餅や、鶯餅がよく知られます。春が近づくと、それを合図するかのように日本各地で華やかに咲き広がる桜の花。美しく桜が咲き始め春が来たことを知らせるかのように高らかに誇らしげな声で鳴く鶯。いずれも日本人の心に待ち焦がれた春を告げ、愛でられています。和菓子店の店先に桜餅や鶯餅が並び始めると春はもうすぐそこ。立春の日の朝に作られた桜餅や鶯餅は一層特別で、口福まで呼び込んでくれるように感じてしまいます。

はじまりの春 立春大吉

Posted by

旧暦では「立春」を一年の始めとし、農作業の動きの目安や季節の変わり目は、この立春から起算されます。農耕民族である日本人は、農作業に影響する季節の流れを掴むために雑節を設け、豊かな実りに向け懸命に日々を営んできました。立春から起算して八十八日目の雑節「八十八夜」は、この頃に摘むお茶は特別に上等なものとされ、立夏の三日程前をさします。また立春から起算して二百十日目にあたる「二百十日」は、台風が多く発生したり、稲の出穂期であるに関わらず強風が吹きやすいため、注意を促す雑節のひとつです。地方によってはこの「二百十日」の前後で、農業に多大な影響を及ぼす風や嵐を鎮める「風祭り」が行われます。
立春の早朝、禅寺では縦書きした文字が左右対称となることで、一年の無病息災を願う厄払いとなることから「立春大吉」と書いた紙が門に貼られます。春を告げる春一番が吹くのも立春を過ぎた頃。固く閉ざしていた木々の芽もほころび始め、動植物も目を覚まします。一月で新しく年があらたまり、この二月に春を迎え、今年一年の本格的な動きが始まるのです。

いのち満ちる木の葉採り月

Posted by

二○一三年は端午の節句の五月五日がちょうど“立夏”にあたり、この日から立秋の前日までが夏季となります。草木が青々と新緑へと色を重ね、風も爽やかに、夏の気配が漂ってきます。立夏が過ぎると蛙が鳴き始め、田植えが始まり、麦が穂を出します。二十四節気でこの頃を“小満”といいます。これは秋に撒いた麦などの穂がつくため、ひと安心(少し満足)するという意味ですが、田畑の農作物が生きる糧であった私たち日本人にとって、麦などの穂がつく作物の実りの兆しは重要なことだったのです。作物も生きものも、命が満ちていく頃が今なのです。また、古事記に記述があるほどの長い歴史をもつ養蚕も日本では古くから盛んに行われてきたものであり、その大切な蚕の餌となる桑の葉を摘む頃でもあったため、 “木の葉採り月(このはとりつき)”とも呼ばれます。二十四節気のもつ意味や、旧暦の呼び名はそれぞれ美しくもあり、今に生きる私たちに、本来の人々の生き方や自然の営みをも知らせてくれるものなのです。

春の鼓動

Posted by

二月の和風月名は如月。この如月とは、寒さが厳しい時期で、着物を更に重ねて着ることから「着(衣)更着−きさらぎ」とするという説や、草木が生え始める頃のため「生更木−きさらぎ」とする説などがあります。寒さがまだまだ続くとはいえ、九州など暖かい地域では梅も咲き始め、時おり吹き去る風の中にふんわりと暖かな春の気配を感じることも増えてきます。二十四節気の最初の節気“立春”を迎えると少しずつ寒さもゆるみ、空から舞い降りて来る雪は雨に姿を変え、氷が溶け始める“雨水”の頃には春一番が吹き、鶯も鳴き始めます。
旧暦では立春が一年の始めとされていました。日が経つごとに、草木が芽吹き、陽は柔らかく射し、風は暖かな空気をはらみ、いきものたちも活発に動き始めます。春の鼓動に耳を傾けて五感を研ぎ澄ませ、いよいよ人も大地も本格的に今年一年の活動開始です。