鈴懸 すずかけ

English

菖蒲の節句 蓬の柏餅

Posted by

五月の節句といえば、男の子の成長を祝う端午の節句が一般的には知られるところですが、これの起源は「菖蒲の節句」だとされています。古くは中国で行われていた、五月の午の日に薬効の高い菖蒲を浸したお酒を飲んで厄祓いをする行事が伝わったものです。日本でも五月になると気温も湿度も高くなるため食べ物などが腐りやすい時期となるため、薬草を用いて病気を防ぐ習わしがありました。万物の成り立ちを表す木・火・土・金・水を色で示した五色の糸で菖蒲や蓬など香りの高い薬草を貫いた飾りを薬玉(くすだま)と呼び、九月九日の重陽の節句まで邪気払いとして軒先きに吊るしたり、菖蒲をお風呂に入れて体を清めるなどして無病息災を祈願したようです。節句に菖蒲を用いて厄除けをしていたことが、やがて菖蒲を武を尊ぶ「尚武(しょうぶ)」や「勝負」にかけ、男の子の成長を祝う節句となっていったようです。元々は「薬の日」とも言われていた菖蒲の節句。端午の節句の行事食として食べられる柏餅の柏の葉をめくると餡の入った蓬餅が包まれているのもこの名残のようです。季節の節目である節句。五月の節句を境とし、いよいよ日本は本格的な雨季へと入ります。菖蒲の節句の習わしや行事食は、湿気やカビが招く病気など、何かと不調を起こしやすいこの時期を菖蒲や蓬などの薬草で祓う、暮らしの知恵もあるのです。

端午の節句 勝男武士

Posted by

五月になると空も青く澄み切って、すっきりと晴れ上がる日が増えてきます。そんな真っ青な空のあちらこちらに五色の吹き流しとともに舞う鯉のぼりの姿を見つけては、季節が巡ったことを実感します。元来、武家に男の子が生まれるとのぼりを立ててお祝いしていたものが庶民に広がった後、中国に古くから伝わる鯉の滝登りにあやかって立身出世を願い、のぼりに鯉を描いてお祝いしたことが鯉のぼりの始まりといわれています。武家社会から始まった端午の節句の風習ですから、家の外にはのぼりを立て、家の内には武家の男子にとって身を守る大切な道具であった鎧と兜が床の間に飾り付けられてきました。さらに、破魔として魔除けの意味を持つ弓と矢、そして日本では魂が宿るとされ神事に古くから用いられてきた太刀を鎧兜の両脇に飾ることで男の子の身を守り、家に繁栄をもたらすという意味も込められています。特に初節句にはお祝いをいただきますが、そのお返しによく遣われるのがかつおぶしです。武家の保存食や非常食として常備されていたかつおぶしは、「勝男武士」の文字にあてがい、縁起かつぎの品として今も用いられています。

端午の節句 粽、柏餅

Posted by

木々の葉が一層その緑の濃さを増し、空にはそよぐ薫風に鯉が泳ぐ皐月となりました。五日の端午の節句、男児のいる家に掲げられるこいのぼり。これは、川をのぼって来るさまざまな魚の中でも鯉だけが滝を登りきり龍になるという故事から、鯉が立身出世の象徴とされ、男児が誕生した家はそれを世間に知らせるとともに、その子の出世と健康を願って天高く揚げる習わしとなったのです。この端午の節句の食べ物といえば、粽や柏餅。このどちらもが日本で最も古いお菓子の形であると言われていることをご存知でしょうか。もともと端午の節句の行事は、古く中国からわたって来たもの。粽はこの行事と一緒に中国よりわたってきた食べ物です。粽が食べられるようになった所以は、端午の節句にまつわる古い中国の高名な詩人である屈原の話に遡ります。人々に慕われていた屈原が陰謀により国を追われ、嘆き淵に身を投じたのが五月五日。人々は悲しみ、弔いの供物として米を入れた竹筒を川に投げ入れたのですが、屈原に届く前に龍に食べられてしまうというお告げがありました。そこで香りがあり龍が嫌う楝樹(れんじゅ)の葉で米を包み、龍が恐れる五色の糸で巻いたことで屈原の元へ供物が届いたことが今の粽のはじまりです。餅米、うるち米、葛粉などを練ったものを古くは茅(ちがや)の葉で巻いたことから「ちまき」と言われてきましたが、後に笹や菖蒲などで巻かれるようになり今に至ります。粽が節句の行事とともに中国より渡来した一方、柏餅は日本独自のもの。柏の木は新芽が出ない限り古い葉が落ちないことから、家系が絶えないという縁起をかつぎ「子孫繁栄」の願いを込め、食べられるのです。

五月晴れの空に舞う五色のちから

Posted by

つい最近まで競うように咲き誇っていた桜も、いつの間にか蒼々とした艶やかな葉を生い茂らせ、降り注ぐ陽の光も春の頃とは違う一層の輝きを帯びる頃となって参りました。暦も皐月と変わり、五日の立夏からは初夏となります。爽やかな季節となり、空が高くなる端午の節句には、男の子の成長を祝う鯉が五色の吹き流しとともに青空を泳ぎ始めます。この吹き流しが、なぜ五色なのかというと、それは陰陽五行に基づいて重要な意味を持っているのです。五色の青(緑)は木、赤は火、黄は土、白は金、黒は水を表し、全ての万物は陰と陽、つまり天と地の新木に二気によって生するとされています。吹き流しは、この五色をもって邪気を払い、清める滝を表すとされます。そのため、男の子の立身出世を祝う端午の節句には滝を勢い良く昇る鯉の上に、禍いを浄め、滝に見立てられた吹き流しがともに高く掲げられるのです。
鈴懸本店の入り口にも掲げられている五色の暖簾。日本の四季や風土、文化を重んじ菓子に映しとる鈴懸の暖簾は、すべて自然界に存在するもので染められ、訪れて頂くすべての方に清々しく過ごしていただけるよう、いつもお客さまをお出迎えさせていただいているのです。

端午の節句は邪気払い

Posted by

新緑の葉が太陽の陽射しを受けて煌めき、川の水もぬるみ始めてきました。爽やかな風が吹き始める五月五日は男の子の健やかな成長を願う端午の節句です。実は、この頃から急に気温も暑くなり始め、ものが腐りやすくなり、疫病も多くなる時期であることから古くは悪月、物忌みの月とされていました。そのため、薬草として用いられていた菖蒲の強い香気で邪気を払うよう、菖蒲湯につかって厄払いをしていたのです。このことから五月五日は、菖蒲の節句とも言われます。
そして、節句菓子といえば柏餅。柏の木は新芽が出ない限り古い葉が落ちません。この特徴から子孫繁栄の縁起を担ぎ、柏餅が端午の節句では食べられるようになりました。また、蓬も霊験あらたかな薬草として珍重されていたため、子孫繁栄と邪気払いの想いが込め、柏餅に蓬をつかったものもあるのです。男の子の成長を願うとともに、菖蒲湯に入り、柏餅を食べ、この時期の気鬱を吹き飛ばしてしまいましょう。