鈴懸 すずかけ

English

重陽の節句 栗ご飯

Posted by

五節句の中でも、最も陽の気が高まると重んじられてきたたのが九月九日の重陽の節句です。菊が美しく咲くこの時期の重陽の節句は、邪気を払うとされる菊に不老長寿の願いを込めて花を飾るだけでなく、花びらを酒に浮かべた菊酒を嗜んだり、菊の香りを移した菊枕などで過ごすことで知られます。一方、昔から庶民の間では、この時期は農業の収穫期を迎えるため各地で収穫祭が行われていました。時の移り変わりの中で庶民にとって大切だった収穫祭に重陽の節句が吸収された地域も多くあるようです。重陽の節句が五節句の中でも馴染みが薄いのは、このせいなのかもしれません。農民たちはこの日を栗の節句として栗ご飯を炊いて収穫のお祝いをしていたとされています。今を生きる私たちは、菊酒と栗ご飯で重陽と収穫の両方を一度にお祝いして、いいとこ取りしてみてはいかがでしょう。

重陽の節句 菊酒

Posted by

伝統的な年中行事を行う季節の変わり目(節目)である節句。よく耳にする五節句とは、一月七日に七草粥を食べて一年の無病息災を祈る「人日の節句」、三月三日の女の子の健やかな成長を願う「上巳の節句(桃の節句)」、家督が耐えないよう男の子の無病息災を願う五月五日の「端午の節句」、中国の星祭りの逸話と日本古来の農耕儀礼や盆迎えの信仰が結びついた七月七日の「七夕の節句」、そして一年の最後に迎える五つ目の節句が九月九日の「重陽の節句」です。今月行われる重陽の節句は五節句の中でも特に耳慣れないものかもしれませんが、実は名前が示す通り、重陽の節句とは最も大きい奇数(=陽)である「九」が月と日で重なることで「陽」が重なることから重陽とされ、重要な節句とされてきたものなのです。また、この日は長寿を願う日ともされ、昔の中国の病弱な王が菊を浸した酒を飲んで長寿を全うしたことになぞらえて、この重陽の節句の日には菊の花びらを浮かべた酒を飲むことが風習として伝わっています。菊は、花の香りに邪気を払い健康となる力があると信じられてきました。小さな菊でしたらしっかりと洗って一輪浮かべれば、お酒をいただくときにふわりと菊の花が香り楽しめます。ちょうど重陽の節句の頃は一年の中でも月が美しい頃。菊の花を浮かべ清らかな香りを楽しみながら、長寿を願っての月見酒を楽しんでみてはいかがでしょう。

陽の萌 菊の節句

Posted by

旧暦の九月九日(今年2013年は10月13日)に迎える重陽の節句。
この最良の日とされるお節句に合わせ、この度、新登場する鈴懸の上生菓子“着綿(きせわた)”。
古くから伝わる菊の菓子形を用い、白から淡いピンクのグラデーションがかかる美しい菊の様子を映しました。“こなし”といわれる、白あん・小麦粉・米粉・餅粉などを蒸したお菓子で、もっちりと、やさしいお味に仕上げております。
重陽の節句には、菊の花の香りを纏い、“着綿”をお茶請けにいただきながら邪気を祓う菊見の宴などいかがでしょう。

陽の極みは、菊の香気に包まれて

Posted by

あまり知られていないようですが、九月九日は重陽の節句といって、五節句のうちでも締めくくりとなる最も大切にされてきた節句です。もともと奇数は縁起の良い陽の数とされており、中でも一番大きな陽の数となる“九”が重なる九月九日が“重陽の節句”なのです。節句行事の起源である中国ではこの日、菊の香りを移し、花びらをひとひら浮かべた菊酒を飲む風習があり、菊の薬効で邪気を祓い長寿を願いました。日本でも古くから宮中では菊花の宴が催されたり、重陽の節句の前夜につぼみの菊の花に綿を被せ、香りと夜露を移したもので身体を拭うことで老衰を防ぐことができると言われる“菊の被綿(きせわた)”という習わしもあります。また、乾燥させた菊の花びらを枕に詰めた菊枕でやすむことでも同じような薬効があるとされてきました。一年で最も佳い日とされる九月九日に、身体も心も浄化されるひとときを菊の香りに包まれて過ごしてみてはいかがでしょう。