• しあわせな空気

  • 工房に蒼く爽やかな香りが立ち込める

    季節がはっきりと変わったのだと
    鼻の奥で感じ取る

    手のひらに笹の葉を広げ
    真白な餅をくるりと包む

    真白で無垢な男の子を
    大切に愛おしみ
    その手に抱くようにくるりと包む

    この粽は
    どの男の子の笑顔のもとに届くのだろう

    ふと頭をよぎり
    思わず頬が緩む

    祝い菓子をつくる季節は
    いつもと同じ工房なのに
    なんだか少し
    しあわせな空気が漂っている