• 象る

  • 街路樹をひらひら舞う銀杏の葉や
    誇らしげに咲き誇るほどに儚さを纏う桜の花びらや
    のびのびと月に暮らすうさぎの姿

    美しくかたどり
    菓子に映し
    目にした刹那の美しい姿を愛おしむ

    かたどる道具を眺めると
    浮き上がった姿の周りに幾重にも広がる削りあと

    この削りあとの
    強かったり弱かったり
    曲がったり真っ直ぐだったりする線に
    ひらひらだったり
    儚さだったり
    のびのびだったりが見え隠れする

    かたどられた意匠は
    情景を美しく雄弁に物語るが
    美しいとかんじた姿を表そうとした人の
    思いの行き交いが感じられる
    道具もまた雄弁なのである